ネットでお金を借りる教科書

当サイト『ネットでお金を借りる教科書』は、審査が素早く即日融資が可能なカードローンや低金利のキャッシングをランキング形式でお伝えしています。

今すぐネットでお金を借りるならプロミスかアコムがおすすめ!

プロミス


『WEB完結』というサービスがあるのがプロミス。審査もスムーズで今すぐに借りたい方に多く申込みされている。30日間の無利息期間も付いています。

アコム


初めてお金を借りる方がよく利用するのがアコム。『はじめてのアコム♪』とCMでもあまりにも有名ですよね。30日間の無利息期間も付いています。

\低金利で即日融資が可能/
ユーザーおすすめランキング

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短で即日融資も可能
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結なら全ての申込みがWEBで完結。何かわからないことがあれば、すぐに電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます!
\プロミスならWEBで完結!30日間の金利0円/
\プロミスならWEBで完結!30日間の金利0円/

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
男女問わず、多くの方に利用されているアコムなら三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方も安心のカードローンです!
\最短1時間で融資可能!30日間の金利0円/
\最短1時間で融資可能!30日間の金利0円/

モビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット
モビットは来店不要・電話連絡なし・郵送物なしのWEB完結申込みが人気のカードローンです!
\30代以上の方に大人気のカードローン!/
\30代以上の方に大人気のカードローン!/

カードローン・キャッシングについて

初めてカードローン・キャッシングを利用する人に『ネットでお金を借りる方法』について具体的にお伝えします。以下、目次となっておりますので気になる項目があればクリックしてください。

1.条件

お金借りるには必要な条件が2つあります。
それは、安定した収入がある、20歳以上の方ということです。
男女の性別は関係なく、安定した収入さえあれば申込むことができます。お金を借りることは契約行為なので、必然的に20歳以上という縛りができます。ただし、結婚しているなど社会的な責任を負っている方は、契約可能な場合も例外としてはあります。これは消費者金融だけでなく銀行などで借入も同じ条件です。

細かいルールは色々とありますが

  • 安定した収入があること
  • 20歳以上であること

ということが基本的な条件になります。

2.申込みについて

キャッシング・カードローンを利用する最初のステップが『申し込み』になります。近くに自動契約機や窓口があれば、足を運ぶこともできますが、多くの人がインターネットから申込んでいます。
携帯電話・スマートフォンからも申込が可能で、簡単な手続きでキャッシングすることができます。消費者金融は、融資までスピーディーで申込から最短30分で利用できると謳っているところもあります。
当サイトでは、ランキングにしてオススメのカードローンをご紹介しているので、こちらも参考にしてください。

3.審査について

申込が済んだら、『審査』になります。審査の内容はどのカードローン会社も公開していません。しかし、スコアリング方式による審査と、在籍確認の審査などが行われることはわかっています。

スコアリング方式の審査とは、あなたの勤務先や年収、家族構成、これまでの借入履歴など、それぞれで点数をつけるというものです。基準をクリアしていれば審査に通過し、在籍確認へと移ります。

在籍確認とは、申込み時に申告した勤務先に、あなたが本当に勤務しているかの確認するために行われます。電話連絡によるものが一般的ですが、電話連絡なしで在籍確認ができるカードローンもあります。

4.金利について

10万円借りたら、利子がつきます。では、この利子はどのように計算しているのでしょうか??人気のカードローンで1位になっているプロミスを例にして、考えてみようと思います。基本的に金利とは
『利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数』
で計算することができます。幾つかピックアップして計算して表にまとめましたのでぜひ、参考にしてください。

返済回数 月々返済額 利息 総返済額
6 17,543 5,255 105,255円
12 9,158 9,902 109,902円
18 6,371 14,679 114,679円
24 4,983 19,586 119,586円
36 3,605 29,788 129,788円
47 2,970 39,587 139,587円

5.返済について

返済は、最寄りのコンビニATMからでも行うことができます。毎月指定された日にちがあるので、その日までにローンカードで入金すれば終わりです。
返済を早くするコツですが、返済額が5,000円となっていても10,000円入金(繰り上げ返済)すればその分だけ残高が減るので、利息が安くなっていきます。いつかは必ず払わなければならないので、先に払うという考えを持てれば、借金はどんどんなくなり、後で楽になります。
また、消費者金融は一般的に金利が高いですが、少額のキャッシングですぐに返済することができるなら、借り入れした翌日から30日間は無利息となるカードローンもありますので、上手に活用したいですね

6.総量規制とは?

総量規制とは、賃金業法の1つで『年収の3分の1以上の借入ができないルール』です。消費者金融やクレジットカードのキャッシグは、賃金業法に則っているため、この法律が適用されます。したがって、もしあなたの年収が300万円であれば、総額100万円までしか借入ができないということになります。

7.消費者金融と銀行の借入の違い

総量規制も違いの1つですが、大きな違いとしては借りる目的です。明確な定義はないですが、消費者金融は少額のキャッシング、銀行は大きな金額を借りるときに利用する方が多いです。もし、消費者金融と銀行のどちらを利用しようか迷っている方は、借りる金額で判断しても良いかもしれません。消費者金融は、30日間無利息期間がありますが、金利が高いです。銀行は金利が低いので、長期の借入には有効です。こうした違いに目を向けると、わかりやすいのではないのでしょうか。

このページの先頭へ